同じ参考書を繰り返し使用するメリットとは

今日では、多くの参考書が世に出ています。
受験生としては、どの参考書を使用したら良いのかわからないということもあり、参考書ばかりが増えて、肝心の勉強がはかどらないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、それでは自分の身になっているとは思いません。

当たり前のことですが、参考書を出版するということは、受験勉強のプロが作っているということを考えてみてください。

多くの定評のある参考書は、その参考書だけやれば、その分野に関しては合格点を取ることが出来るように作られているはずです。
つまり、受験に出るであろう部分を絞って参考書として出版しているのです。
参考書を何冊も購入するという行為は、自分で勝手に受験範囲を広げているという行為に他ありません。
受験勉強といえど、所詮出題範囲は限りがあり、多くの学校では学生に対して、専門的な知識を入学前に求めてはいないと思います。
わざわざ苦労して志望している高校、大学に合格したいと思っている方は少ないと思います。
出来ることなら、最小限の努力で志望の学校に入学したいという気持ちは、受験生全員が共通して持っている感覚だと思います。
それならば、定評のある参考書を一冊購入し、その参考書を何度も繰り返し行うことが合格への一番の近道になるのではないでしょうか。