問題集は繰り返し解く事が重要

授業内容を補完したり受験勉強をするために、問題集を活用することがあるかと思います。
問題集は一回だけ解いて終わりにせず、繰り返しやり直すのがおすすめです。

「一度解いた問題集をもう一度やる必要があるの?」と思われるかもしれませんが、一度問題を解けば一回でその答えを全て完璧に覚えられるわけではありませんよね。

解答や解説を見て理解したつもりでも、少し間を開けた時にもう一度同じ問題を解こうとすると答えが分からないということはままあることです。

問題集を一回通してみただけでは、知識の穴を完璧には埋められません。
そこで、同じ問題集を繰り返し解くことによりその穴を埋めていくのです。

闇雲に問題集を何冊も買って惰性で問題を解いていくだけでは、勉強の効率が良くありません。
一つの問題集の解き直しを繰り返し、その問題集の全ての問題をほぼ100%正解できるようになったら次の問題集にチャレンジしましょう。

問題集を解き直す際に解答の解説部分も繰り返し読み込んでおくと、より理解が深まると思います。

問題集を解くことに限らず、勉強では反復が大切です。
教科書や参考書なども一回読んだだけで終わらせず、繰り返し読みましょう。

同じことを繰り返すことによって、頭の中に知識を定着させることが重要です。